子どもが鍵を無くさないようにする工夫と無くしたときの対処法

鍵紛失で起こる危険!紛失トラブルを避けるには?

鍵は大切な家族の安全を守るために必要なものです。もし正常に機能しない場合は、鍵屋を利用して修理したり防犯性の高い新しい鍵に交換したりすることが必要です。子どもが鍵を紛失してしまったときも気になる際は鍵の交換を行なったほうが安心でしょう。

鍵紛失の危険性
家はリラックスして休める場所ですが、そこを狙ってくる者もいるでしょう。鍵を紛失してしまった場合、侵入されるリスクは高くなります。鍵を落としたところを見て後をつけられるケースもあります。男性でも危険性が高いので、子どもや女性の場合は更に高くなると言えます。なるべく鍵を無くさないように意識する必要があります。
紛失後の対処
鍵が無いと分かると焦って周りを見回したり取り乱したりすることもあるかと思いますが、一先ず落ち着いて鞄の中やポケットなどを探しましょう。いくら探しても見つからないというときは家族に連絡したり、警察に落とし物の届けが来ていないかということも確認したりしましょう。このときなるべく家族以外の人に知られないようにする方が安心です。連絡手段にLINEなどのアプリは使わないようにしましょう。そして新しい鍵を早めに鍵屋に依頼すると良いでしょう・
子どもに紛失させない工夫
子どもは何かに集中すると周りへの注意が散漫になります。学校以外に立ち寄った本屋さんや公園のベンチ、トイレなどに鍵を落とすこともあるでしょう。よく利用する場所では、子どもの顔を覚えている知らない人もいるはずです。失くした鍵を拾って悪用することも考えられるので、子どもに紛失させないように工夫する事が大切です。落としたときに音のするキーホルダーをつけたり、鞄の中にキーチェーンで取り付けておくのも安心です。
TOPボタン