子どもを守るために防犯カメラの設置を依頼

防犯カメラと監視カメラを活用して死角ゼロ

や女性を狙った犯罪は、人気のないところや治安の良くないところで多く起こります。そうした危険をなるべく未然に防ぐことと、もし起こってしまった場合は、どのように犯行が行われたのかを検証する手立てが必要です。そのため鍵屋の利用だけでなく、監視カメラや防犯カメラの設置が重要になってきます。

監視カメラと防犯カメラの違い

監視カメラと防犯カメラには違いがあります。

防犯カメラ
犯罪を防ぐとともに、誰がどのように犯行に及んだのかを突き止める目的があります。見られていると感じるところでは犯罪は起きにくいので、防ぐことを目的とした防犯カメラにはあえて目立つデザインのものやダミータイプがあります。
監視カメラ
犯行の一部始終を録画する機能があります。監視カメラだけを置くのではなく、防犯性を高めるためには防犯カメラと監視カメラの両方の設置を検討したほうが良いでしょう。監視カメラは防犯だけでなく、被災時のライブカメラにもなるので近年需要が高まってきています。有効に使うことで、子どもや自分の身の安全を守れるでしょう。

設置場所と効果

監視カメラと防犯カメラの取り付けは、専門業者に依頼すると良いでしょう。自分で取り付けるという人もいるかも知れませんが、犯行が起こりやすいのは緑が生い茂っていたり他の建物などの陰になっていたりするところなので、なるべく上手く設置することが必要です。業者に依頼した方が防犯のコツを活かした設置ができるので、積極的に相談してみることが有効と言えます。庭がある場合や窓の近くに木があれば、トレイルカメラというものを木に取り付けることも可能です。これはセンサー反応があったときだけ、一定時間撮影を行なうというカメラです。鍵屋でも防犯カメラと監視カメラの設置を行っているところが多いので、鍵の交換などと併せて行なうとより防犯率を高められるでしょう。

TOPボタン